外出時に安心サポートが整っているペットホテル

外出時に心強いサポートとなってくれるのが、ペットホテルの存在です。しっかりと飼い主様の要望やわんちゃんの性格を理解してお預かりをしてくれることで、年々人気を集めています。

 

●ペットホテルが増加している背景

2013年9月1日に「動物愛護管理法」が改正され、ペット業界内では動物愛護の姿勢がより強くなりました。そのことで転機を迎えペットホテルの数は、平成24年頃には全国で約21.166件に及び、現在も増え続けています。また要因はそれだけでなく、都市の住宅事情も関係しています。「愛犬を預けられる知人が近くにいない」「留守中そのままにしておくと近所迷惑になりそう」など、様々な理由でペットホテルの利用者が増加していることがあります。ペットホテルのタイプには、1頭1頭をケージに分けて個別管理する所、管理人と一緒に過ごす所、全頭を広い場所に集めて一緒に管理するタイプ、ケージレスで管理をする所など飼い主様やわんちゃんの好みで選ぶことができます。

 

●「動物取扱業の登録」は安心の印

ペットホテルを選ぶ時に目安になるのが、「動物取扱業の登録」があるかどうかです。動物取扱業は動物愛護管理行政によって管理されており、動物を扱う業務を行って良いというお墨付きを意味します。動物取扱業には第一種と第二種があり、どちらも動物の管理の方法、飼育施設の規模や構造など様々な基準が設けられており、この基準を守ることが義務づけられています。宇都宮市にあるペットホテルDog House陽だまりは第一種動物取扱業者認定を受けているので、安心してご利用頂けます。サービス内容も充実しておりケージレスで24時間体制のお預かりが可能となっており、チェックアウト時にはお泊りの様子が分かる写真つきレポートをお渡ししています。

宇都宮市周辺でペットホテルをお探しの方は、Dog House陽だまりを是非ご利用下さい。広いドッグランを構えているので、わんちゃんもストレスフリーで過ごせる環境が整っています。お預かり時には、飼い主様とわんちゃんの性格に合わせたお預かりスタイルをご相談させて頂きます。